2017.03.24

出雲麹屋の新ラベルについて

この度、ラベル改訂をいたしました出雲麹屋の新ラベルにつきまして、以下に簡単に説明させていただきます。

●「出雲麹屋ラベル」
にごりを開栓した後に起こるオリの噴火をイメージし、王祿ロゴの下にあえて横にデザインしました。
ロゴを中心に持ってくることで、王祿らしい風格を、そして、同貼りを横に長くした上で、出雲麹屋ラインであることを明記し、諸々の表示基準制限はこれまで通り最低限に抑えました。
丈径・ハチマル・超王祿に続き、酒の持つ印象深さを念頭に、ラベル自体も印象に残るデザインを目指しました。

●「肩張り」(全種共通)
王祿が醸される地、出雲が舞台となる古事記に「八雲」という出雲そのものを表す枕詞が登場します。
美しく神聖な雲が東出雲の王祿の象徴となるように。そして、王祿という酒の持つキレの良い力強さや、一度呑んだら忘れられない印象的な味わいそのものを象徴するものでもあります。
味わいのみならず、一目見たら忘れられないボトルになるよう、肩貼り自体を雲の形にしました。

●デザイナープロフィール
Eightablish co.,ltd. 株式会社エイタブリッシュ
パッケージ、広告、店舗デザインをはじめ、商品開発やビジュアルコンサルティング、トータルブランディングまで業界にとらわれない柔軟な視点で多種多様なプロジェクトを手掛けるデザインカンパニー。
また、日本におけるヴィーガンカフェの草分け的存在「カフェエイト」「PURE CAFE」を経て、
現在は南青山にある「Restauramt 8ablish」、学芸大学「muffin & coffee 8ablish」の経営を行う。
http://eightablish.com/


X