特約店での販売に重きを置いている理由につきまして

昨今、食品偽装については、生産地、原材料等、様々なことが起こっており、それに対してお客様の意識が格段に高くなってまいりました。ところが、日本酒についてはいかがでしょうか?王祿酒造では、私ども造り手と専門店の両者がお互いに多くの時間と労力をかけて慎重に、何年もの歳月をかけて王祿の酒についての認識を確認し、初めて王祿特約店としての取引に至ります。

王祿特約店は、ただ単に売れる商材を探し、冷蔵庫に並べる酒屋とは異なります。日本酒に関する知識は勿論のこと、料理との相性、呑む温度、酒器をはじめとする楽しみ方を熟知しています。殊に王祿特有の膨大な商品知識を持っている日本屈指の地酒専門店の集団です。

ところが近年、特約店でない酒販店、デパート、スーパー等が、不誠実なルートで、ときには不法に入手した王祿を店頭に並べるということが多発しております。
通常王祿の酒は 蔵→特約店→お客様 というルートをたどり、全ての行程で完全に保冷された状態を保っています。しかしながら、正規特約店でない店に並ぶものは、一般消費者を装って、時には1本ずつ買い集め、それらをかき集める業者が存在し、そこからさらに散り散りになります。その間、知識のない人間の手を介しますので、当然のことながらきちんとした保管がなされる可能性は非常に低く、夏場は特に危険です。それらの酒は、人の手を介した数だけ劣化するのです。明らかに特約店で購入する王祿とは別物に変化してしまっています。王祿の酒を扱う資格のある王祿特約店は現在全国で上記の26軒のみです。卸問屋等との取引も一切ございません。王祿特約店以外の酒販店やデパート等に並んでいる王祿は、本来の生命力あふれる姿を堪能していただくことはできません。

裏ラベルに必ず特約店名シールが貼ってあることをご確認ください。平成26年12月1日以降に蔵から出荷した酒につきましては、必ず上記にあります26軒いずれかの特約店シールが貼ってあります。特約店シールのないもの、もしくは特約店シールと違う店で販売されているものは怪しいルートで入手した可能性が非常に高いものです。王祿特約店でないお店でお買い求められた酒については、製造元としての責任を追うことができません

どうか、今一度ご確認いただき、正規の特約店でご購入いただきますようお願いいたします。


X